女性のホルモンバランスが崩れが気になったらピル

ピルのイメージと言えば避妊というイメージを持つ人が多いと思いますが、実際に私が低用量ピルを使用し始めたのはホルモンバランスが崩れて生理が年に数回しか来なくなった事が始まりでした。
生理不順があまりにもひどく若年性更年期のような症状が起こったので、婦人科で女性ホルモンの数値を計ってもらうと男性並みの数値だったのです。その時はホルモン注射をしてもらって生理が来るのを待ったのですが、ホルモン注射の痛みと不安定な生理周期に疲れ、その後低用量のピルを処方してもらうようになりました。
私が初めに処方してもらったのはアンジュ28という偽薬が入ったタイプの物でしたが、慣れてくると同じ商品の偽薬のないタイプのアンジュ21に切り替えました。
ピルを服用してよかったと思う事は、生理周期が安定してくる事と生理痛などが以前に比べてとても楽になった事です。ただ、低用量ピルであってもタバコとの相性は悪いのでピルを飲んでいる時はタバコの量を減らしたり、血栓症にならないように気を付けなければいけません。
私にとってはピルは非常に役立つものですが、人によってはリスクがある事を理解して、まずは処方してもらい試してみる事をお勧めします。
ピルのメリットとデメリットをしっかりと把握して上手くピルと付き合っていけば、女性ホルモンでお悩みの女性にとってはとてもいい物だと私は思います。

低用量ピルの値段