ピル(ラベルフィーユ28錠)を利用する理由は子宮が薄くなっているので避妊をするため

私は今から3か月ほど前から低用量ピル、ラベルフィーユ28錠というものを利用しています。

最近では昔と違ってピルは副作用も少なく、利用している人も多いと聞きます。

私もテレビなどを通してピルの存在、そして現在の低用量ピルの内容はなんとなく知っていましたが、まさか自分が利用することになるとはその時は全く考えていませんでした。

その後私は結婚をして、子供を2人授かりましたが、1人目と2人目の間に1度流産を経験しています。

そして、どちらの子供も帝王切開で、次の子供を産めるかどうかは判断しかねると産婦人科の先生に言われていました。

その中での3人目の妊娠。

もちろん私としては産みたいと思ったのですが、先生の判断で、子宮が前の手術で薄くなっているためリスクが高いと言われ、悩んだ結果、あきらめることにしました。

それ以来、私は100%とは言わないまでも、子供が今後産めない状態になってしまいました。

しかし、3人目の妊娠の時のように、思いがけず妊娠して中絶というつらい思いはもう2度としたくありません。

そこで、3人目を中絶してすぐに先生に相談をして低用量ピルを利用することになりました。

最初でこそピルのおかげで体調を崩したりもしましたが、今は逆に生理痛もなく、出血量も少なくなり、安心して性生活もできるようになりました。

(栃木県 まゅさん)