デパスを処方してもらったのは、更年期の症状があり婦人科医に症状を相談して処方してもらいました。

気持ちの落ち込みや不安、不眠など精神的な症状が強かった時でした。

私の場合は夜 就寝前に服用しました。

効果はすぐありました。

寝付きが悪かったり、ちょこちょこ夜中に目が覚めて睡眠が浅かったことに悩んでいましたがデパスを服用して就寝することですぐ眠りにつくことができ朝 目覚めるまでぐっすり眠ることができました。

また、不安な気持ちになったときは服用しても良いとのことでしたので その様な症状になったときは服用しました。

不安な気持ちとあわせて軽い動悸のような症状もデパスを服用すると落ち着きました。

婦人科医は1日3回くらい服用しても問題はないと言ってくれましたが あまり薬にたよりたくなかったため症状が出た時に服用しました。

更年期の症状は2~3年は続いていますがデパスがあることで症状が落ち着いたり、睡眠がとれるようになったことで1日仕事や家事に影響することなく過ごせるようになったと思います。

また精神的に落ち込んだりすることが少なくなったことで 家族や友人、職場でも明るくコミュニケーションがとれることが うれしいです。

デパスを処方してもらって2年ほどになりましたが 今では自分の体調に合わせながら服用しています。

デパスが無くなるとやはり不安になります。

量が増えていくことはなく もはや減りつつありますが まだ当分のあいだは私のお守りのようなものになると思います。

(札幌市      まほママさん)